カウンセラーの紹介

「性や愛、恋といった根源的な欲求が、人と人とを引き離すのではなく、結びつけるものであってほしい」という思いから、心理学を学びカウンセラー(臨床心理士)を目指しました。

 

たとえ問題を生じさせる行動や思考であっても、それらは過去のトラウマ的な傷つき体験から生じる苦痛な感情から自分を守るという「機能」を持っていることがあります。恥や怒りなどの感情、衝動性、依存や性に関する問題も、あなたのせいではありません。あなたが弱いからでも怠けているからでもありません。しかし、問題の悪循環から抜け出すための「はじめの一歩」を踏み出すことは、あなたにしかできないことです。

 

恥や恐れに圧倒され、「本当の私」から目を背けるのではなく。自分をより大きく感じようとして何かに頼りすぎるのでもなく。心の深いところにある、勇気と誇りとコンパッション(思いやり)を花咲かせる。そのためのお手伝いができたら幸せです。

 

コンパッション:「思いやり」や「慈悲のこころ」と訳される。中核的な要素は、「知恵」「温かさ」「責任感」、信念の「強さ」。